Search Console

さぷログ

メーカーの人事部門で働いています。

そして「#自発ください」になった

さぷさんです。アラフォー不惑の齢にして自己承認欲求の塊です。

新型コロナウイルスが流行する遥か前、若手社員と飲んでいた時に、経緯は忘れましたが広末涼子の話になりました。

若手「広末涼子ってお姉さんのイメージですよね」

僕「え、ちょっとまって、昔「広末涼子ポケベル始める」ってCMがあってね、広末涼子は妹キャラでしょ?」

若手「それはさぷさんさんがアラフォーだからじゃないですか?ポケベルって聞いたことありますけど、どういうものなんですか?」

僕「ちょっといろいろ言いたいことがあるが、まずYouTubeにアップされてる広末涼子のCMを100万回くらい見ろ」

若手「いや、いいす」

みたいなしょーもないやりとりをしたことを思い出すのですが、広末涼子ポケベル始めるのCMは1996年放送したみたいですから24年前でした。どおりで歳を取るわけです。

ちなみにYouTubeのURLはこちらで、日本中で話題になったと思います。かわいいですね、異論は認めません。
https://youtu.be/rJfzMFEwfJQ

さて、僕はポケベルは持っていませんでしたが、ポケベルはメッセージを公衆電話とかから送るものだったので、ツールとしては一方的に送るようなイメージです。双方向性は不十分ですが、今につながるSNSのご先祖だと思います。

ポケベルの次はPHSでした。僕は今はなきNTT パーソナルのPHSを使ってまして、電波が入らないので窓際においたりとか、ショートメールで一回50文字しか送れなかったですけど、確か「ア」って「11」って打ってた気がするんですよね、スパイみたいなカードサイズの変換表みたいなものがあって、たまに打ち間違えていた記憶があります。

その後携帯電話になってメールが出来るようになって、文字数の上限はなくなりましたけど、基本的に知っている人との1対1のコミュニケーションであった訳です。

SNSの黎明期としてはミクシィがありましたが、ミクシィはコミュニティがあって、趣味の人とつながるというような要素が大きかったのではないかと思います。ミクシィがきっかけで結婚というのもよく聞いた気がしますが、それは趣味での繋がりがベースにあるというのも大きかったかもしれません。

そして、今のSNSfacebookTwitter、インスタグラム、若い人はticktokなんでしょうけど、1対多でつながりあえる訳です。

そのような中で不特定多数に対して「#自発ください」というのは、なかなかどストレートな承認欲求ですが、ある意味清々しいような気がしなくもありません。

「#自発ください」のタグ付きで投稿しているのはおそらく高校生くらいの若い子達で、自撮りを加工した写真と一緒に投稿しているケースが多いと思うんですけど、「#美男美女さんとつながりたい」とかのハッシュタグもあって、こちらも香ばしいといいますか、なんといいますか、上位カーストでありたいイケてる私をプリーズ的な欲求を感じます。

Twitterとは、いいねやリツイート、フォロー数が可視化されており、数字の大小による人の順位が残酷なまでに見える化されている巨大格付け装置という見方も出来ると思います。

ちなみにヒエラルキーの頂点に君臨すると思われる菅田将暉Twitterフォロワー数は313万人、橋本環奈は303万人です。

橋本環奈が「はじめてZOOM飲み会したー」でいいねが10万、菅田将暉が歌つなぎをしたときのいいねが17万ですから、僕が一生かかっても到達出来ないいいねの数を一回で達成するという圧倒的な強さです。

ナメック星でフリーザと絶望的な気持ちで闘うクリリン達と似た気持ちかもしれません。

Twitterをやるという事は、意識しているにしろしていないにしろ、菅田将暉や橋本環奈を頂点とした絶望的なヒエラルキーの競争に参戦したという事に他なりません。

そして菅田将暉や橋本環奈は特にお願いしなくてもフォロワーは増え、繰り返しますが「ZOOM飲み会したー」でいいねが10万です。もし通知をオンにしていたら一日中通知が鳴り止まない訳で、橋本環奈にしてみたら「#自発は少しお控えください」と言いたいくらいかもしれない訳です。

大人ですら自己承認欲求は強い中で、思春期ならなおさらなのは自明です。彼らが意識しているにしろ無意識にしろ、理想としている美男美女の代表格はお願いされなくても自発されまくりな訳です。

そうありたいという願望が「#自発ください」のハッシュタグを生み出したのではないかと思うのです。

『私の事をフォロー・いいね・リツイート・返信等でみなさんから自発的に私を盛り上げてほしいと言う事を、私自らお願い申し上げます』という事を言っている訳でありますから、なんといいますか、「#自発ください」という短いハッシュタグの中に思春機独特の矛盾が表れているようで微笑ましい気持にならなくもありません。

ちなみにアラフォーのおっさんもこの年になっても自己承認欲求は強いものですから、正直に言うと恥ずかしいからただそういう事をストレートに言ってないだけです。

ただ、存在を丸ごと承認してほしい訳ではなく、仕事で成果を出したら認めて欲しいという違いはあるかもしれません。

ハッシュタグにすると「#仕事で成果出していると思うので自発ください」になりますね。言いませんけど(笑)